yoko児童クラブ。パート1

今回の帯広滞在は後半、児童クラブのような日程でした。

普段から父親の人柄に惹かれ…(笑) 子供たちが実家に集まります。

朝、入浴後リビングがざわついているのを察知。

あっ。。。 来ている!

私がどのような状態だとしても。。。

父親はおかまいなしにリビングに子供たちをあげています。

もういいやと諦め半分に濡れた頭にタオルをかけ、洗面所から出てくると

「ようこちゃん~ なんか雰囲気ちがう~」

直視している子供の声は素直。

ごまかすようにあまり目を合わせず、「風呂上りは誰でも違うんだよ」と言い訳。笑

だんだん時間とともに整ってくる自分。

そうなると子供たちに辛口。

「女の子なんだから髪の毛くらいかわいくしなよ~」

「ようこちゃんが可愛くしてあげる」

ブラシを持ち、髪の毛を整えてあげる…

「痛いよ~やめて~」でも顔は喜んでいる。。。

もしかして普段あまりされていない?のかも。

そんな雰囲気が言葉や身体から伝わってくる。

前髪は長く伸びすぎていて本人はこれでいいんだとは言うけど…

私から見ると手入れされていない。。。なってわかるほどだ。

すると…「美容室にはいったことがない!」と明るく答えてきた。

なるほど…家庭の事情がいろいろありそうだ。

察知しながらも「Yちゃん~ 飛び切り可愛くお団子にしよっか!」

みるみるうちに可愛くなってきてYちゃん!鏡を何回も見始めて飛び切り笑顔。

そんなYちゃんを横目にしていたHちゃんが…ずうっと否定していた

私はこんなことしたことないからいい~。

その子の髪の毛はもっと荒れていて、前髪も伸び放題で横に流れているのだが

全体に絡まっている。 目にも入りそうだし、見た目がどうしてもかわいそうなのだ。

私の膝の上に誘導するがくるはずがない。 だけど… ゆっくり話しかけながら

「Hちゃん~ 可愛い顔してるから髪の毛きれいにしたらもっと可愛くなるよ~」

「いや そんなことない。」 完全否定。 だけど私の腕の中から逃げない。

だからブラシをそうっと頭にあてて、ゆっくり話しかけながら、

絡まってひどい後ろ髪をゆっくりとかしていった。

途中… はさみを入れないと無理な部分も出てきたが、数本ずつゆっくりといてあげたら

柔らかい絹のようなくせっ毛がほぐれてきて、ふわふわの可愛い毛質に。

「お風呂は毎日入らないから…」

ぽつんといった言葉に私も言葉が詰まる。

たまたま遊びに来た2人は、家庭的に事情を抱えていたのだ。

自分も一人の女の子を育ててきて、手をかけすぎくらい洋服や髪の毛や習い事や

いろんなことをさせてきた。

だからこのギャップに、しばし心が苦しくなる…

その子の髪の毛を横側で可愛くアレンジしてあげて、目元もスッキリさせて。。。

すると「あ~ つかれた」と言葉を発してきた。

あまりにも何度もいうので「疲れた言葉禁止!そのかわり素敵な言葉を使おうよ!」と

提案!すると、「疲れ…  あっ じゃない!気持ちいいですね!」と前向きな言葉を

どんどん使い始めた。 うれしくなって「じゃぁ~ 素敵!幸せ‼も使おう~」と

提案すると2人はどんどん前向きな言葉を投げかけるようになった!

飛び切りの笑顔と元気な前向き言葉遊び♪

この子達を見ていて、自分は何をできるかな? もっと楽しませてあげれるかな?

だから約束をした。

パンケーキを焼こう~ いちごとアイスで可愛くしようよ~

飛び跳ねて喜ぶ子供たち。 よっしゃ~ ここは手作りアイスの登場だ~と意気込む私♪

この続きはまたダイアリーに。。。綴ります。

いろんな状況化にあっても、疑いもせず、素敵な言葉遊びをしてくれた子供たちの素直さに

私は心を打たれてしまった。

…うるさくてやんちゃで手も負えないところもあるのだが、

「素直に受け止める」という点は大人の私達は見習わなくてはいけないと思った。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です