小さな嘘。

先日、スポーツジムを解約してきました。

 

コロナの後遺症からその後も、ずうっと行けず。。。

 

気力なのかカラダの叫びなのか、、、、とにかく行けないのです。

でもコロナ後の方、スポーツから離れている方が多々いるようです。

なぜ?でしょう。。。

毎月の引き落としも、経済的にも良くないですし、休止にしたとしても

休止料金が毎月発生してしまうので、やはり何かかしら実行しなくては。。。と

スポーツジムに向かった。

 

一通り、優しめな機械を動かし、、、 多少の未練はありつつも

鉄の匂いとゴムの焼けたような匂いが、鼻につき、、、

今、やはり、、、 無理かも。と判断。

 

今日の担当スタッフに声を掛け、

退会したいです。ときっぱり告げる。

 

即座に「あの~休会システムがあること知ってますか?」

やはりこのセリフをたたきつけてきた。

私もすぐに「もうネットで調べてます」と早口でいう。

ここも想定内。

「ですよね~  ちなみに退会理由は???」と来た。

心の中で、準備していなかった。 準備できているのはコロナの後遺症後の体調の話だったりだが

なんかそれでは、また休会を勧められそうな気がしたので、

とっさに出た言葉が、

「転勤するんです」。。。。とまぁ 春に向けてよくありがちなセリフを言ってみた。

スタッフはまた追い打ちをかけて

「ちなみにどちらへ」と言ってくる。

ちょっと想定外。

 

マスクしたままの顔の表情は見られないにしても、目の動きが、ぱちくりとしてしまった。

読み取られたか。。。

 

でも女優洋子は平然を装って、、、

江戸川区です。とリアル的な話を仕掛ける。

娘も世帯主も江戸川区に生息。

 

あ~ これで一件落着!と思いきや、奥のスタッフルームから、男がもう一人出てきて

「江戸川区のどこですかぁ~  ぼく江戸川の〇おし出身なんです!」という。

どうしてこの旭川に江戸川区民がいるのか!

「〇おし?」とオウム返ししたまま、わたしフリーズ。。。

次に出た言葉が「〇おし? 聞いたことないね~その地名」と失礼なことを言ってしまった。

そのスタッフが何が言いたいかというと、このジムが江戸川区にもありますよと言いたかったのである。

 

あとで、改めて聞きづらかった地名を調べたら、「〇おし?」と聞こえていた地名は「おおすぎ」と言っていた模様。

 

このスポーツジムの所在が、江戸川区にもある事実に混乱しつつも

女優洋子は、次の一手にでる。

 

「江戸川区から引っ越すのです」

スタッフ2人に堂々と言葉を放った。

もう追われることはないと高をくくったや否や、、、

「どちらへ引っ越すんですか」

 

もう返す手はないか脳みそをくるくる回し

出た言葉が、

 

「秋葉原へ引っ越すのです」

 

この言葉には自分でも驚愕であった。

なぜ秋葉原という地名を語ってしまったのか。。。

ここまでのバトルでは相手側は認めざる得なくて

「あ~ 解約にしますか」とあっさり言い放ってくれたが。。。

 

自分の口から、なぜ「秋葉原」が出てきたのかがとても謎だった。

 

総武線の沿線と「あ行」でのコンピューター混乱?

 

その後、頭を整理し、私が言いたかった地名は、「御茶ノ水」

最近、本当に引っ越し先を探しており、御茶ノ水が候補であった。

この地名を言いたかった。

でも、、、なぜかオタクの聖地「秋葉原」になってしまった。

私が「秋葉原」と告げてからのスタッフの諦めも超早かったので

結果オーライなのだが、心の中で微妙な嘘を懺悔した。

 

1回リセットし、また体調がよくなったらお世話になるかもだから

ここは良しとしよう。

 

まずは、今までお世話になりました。

またご縁がありましたらカムバックします!

 

秋葉原の女が帰ってきた…って。。。

言われ覚悟で (*^。^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です