ナディーン・ストレインの言葉

yoko’s  diary….  帯タイトルリニューアルしました~ 毎日日記なんて。。。偽り(笑)

直しました。 「未来日記」… 未来って言葉が好きで、そうしました。 常に未来は明るい。

わからない明日を想像することが楽しいって思う毎日に。

いろいろある世の中だけど、今を生きている私達は明日を想像しながら突き進んでいかなくてはならないからね!

アップップメソッドの師匠でもあるジュンジュンが、ナディーン・ストレインの詩をブログに書いてました。  この詩。。。80歳代のおばあちゃんが書いた詩なのですよ!

私もこの詩は大好きです。

みなさまにシェアしますね。


もう一度人生をやり直せるなら・・・・

今度はもっと間違いをおかそう。

もっとくつろぎ、もっと肩の力を抜こう。

絶対にこんなに完璧な人間ではなく、もっと、もっと、愚かな人間になろう。

この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。

もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。

もっとたくさんのチャンスをつかみ、行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。

もっとたくさんアイスクリームを食べ、お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。

もっと本当の厄介ごとを抱え込み、頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。

もう一度最初から人生をやり直せるなら、春はもっと早くから裸足になり、秋はもっと遅くまで裸足でいよう。

もっとたくさん冒険をし、もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、もっとたくさんの夕日を見て、もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。

もう一度人生をやり直せるなら・・・・

だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。

私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?

自分に規制をひき、他人の目を気にして、起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、構えたり、落ち込んだり ・・・・

もっとリラックスしよう、もっとシンプルに生きよう、たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。

人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。


 

この詩を読むと…お腹の底の方から熱くなります。

情熱?

人生は1度だけ。

だから。。。 自分らしく

生きていきたい。。。

ね (*’▽’)

 

※ 世帯主を迎えに行った空港内のレストランにて。。。 しかし! 人がいないっ!!

飛行機内もガラガラだった。。。らしい。

 

知り合いの米農家さんのカレー。

美味しかった。(^。^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です